塾長挨拶

塾長挨拶

カイチ予備校を運営する開智総合学院は、大阪市城東区・鶴見区を中心に展開する創業60年以上の学習塾で、親しみをこめて「カイチ」という愛称で呼ばれています。

「開智」という名は、現存する最古の小学校である開智小学校にちなんで、「地元に密着した教育機関として末永く続いてほしい」との思いで名づけられました。
初めはそろばん塾「今福教場」としてスタートしましたが、「勉強も教えてほしい」という要望に応えて学習塾部門が加わり、その後「低価格で本物の幼児教育を」というコンセプトのもと幼児能力開発コース「パスカルキッズ」を、さらに外国人講師が本格的に指導する英会話コース「トーキングキッズ」を開講いたしました。現在では1,500名を越える生徒たちに通っていただいています。

その中で、「高校生になっても開智に通いたい」というお声をいただく機会が数多くあり、私たちとしてもぜひ皆様の期待に応えたいとの思いで準備を重ね、2018年3月にようやくこのカイチ予備校を開校しました。

昭和の雰囲気が漂う城東商店街の中という異色な場所に立地しており、規模も大手の予備校に比べるとずっと小さいですが、地元の単なる補習塾ではなく、国公立大や難関私立大を目指す生徒たちも通える本格的な予備校です。
そして小規模かつ地元密着だからこそ可能な、生徒や保護者の方々へのきめ細かな対応で、大手の予備校とは一線を画す新しい形のサービスを提供し、地域の皆様からご支持をいただいてきました。

しかしなお、予備校としてはまだまだ発展途上です。
これからも皆様のご期待にさらに応えることができるよう、私たちはさらに上を目指して努力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

開智総合学院塾長
             高木秀章